ホームへ戻る その他の訓練法
<ひとつ前に見たページへ戻る

 

 

 

こちらでご紹介の器具は通信販売でもご購入いただけます。

 

 

 

鈴木弘一先生

○超音波治療器ソニマック

現時点での最新型医家向家庭向適応超音波治療器で、仮性近視くらいの初期段階であれば、このソニマックのみで視力回復が可能です。また、眼精疲労などの目の疲れをとり除く効果も非常に高く、お子様だけでなくご家族皆様でお使いいただけます。

毛様体筋の緊張を解く効果がありますので、視力回復トレーニングと併用することで、よりトレーニングの効果を高めることも可能です。

 

○アイトレーナー

眼科医鈴木弘一先生(鈴木眼科医院院長)が近視研究の中で開発された視力回復訓練器です。
次の4つのトレーニングが同時に行えます。
◆凸レンズ装用法
虫眼鏡と同じ凸レンズを装用して水晶体の屈折力を減少させるトレーニング法。
◆望遠練習法
遠くにある指標を凝視する方法で、遠くの景色や夜空の星などを見ると効果的です。
◆水晶体体操法
遠くのものと眼前近くのものを交互に見る方法。
◆開散訓練法
近くのものを見ているときの『より目』とは逆に目を開散して両目を外側に開く訓練法で、水晶体の屈折力を減少させる方法です。


このページのトップへ戻る
Copyright (C) 2003,東京視力回復センター All right reserved        サイトマップ