ホームへ戻る 不同視とは
<ひとつ前に見たページへ戻る

眼のしくみとはたらき

近視とは

遠視とは

弱視とは

不同視とは

乱視とは

老視とは

通常、右の視力が1.0で、左の視力が0.3というように、左右の視力に著しい差がある眼のことをいいます。
屈折度で言うと、2ジオプトリ−以上の差があるものと言われています。

「不同視」はさまざまな障害を招く

左右の視力が違うと、頭痛、疲れやすいなどのほか、肩や首がこる、物が二重に見える、距離感や立体感がつかみにくい、視野の広さに差がある、などの様々な症状が出てきます。また、強い遠視や乱視が原因による不同視では弱視になることも考えられますので注意が必要です。

子供の場合は、片方の視力が良いとなかなか気づきにくいものです。仮に気がついても両眼だと見えるからと放っておくケースがあり、後悔する場合も少なくありません。不同視と診断された場合は、メガネが必要かどうかを確認しましょう。
また、大幅に左右の視力が違うと、視力の良い眼だけで物を見ようとして、片方の眼は使われなくなったり、近くを見るとき、遠くを見るときで眼の使われ方が違ってきます。

視力の低下が分かったら、どちらかの眼がまだ良いからと楽観視せず、早めに対策を考え、適切な対処をしなくてはいけません。不同視になってかなりの期間が経過し、大幅に左右の視力に差がある場合は、メガネで対応するよりもコンタクトを使用した方が良い場合があります。


このページのトップへ戻る
Copyright (C) 2003,東京視力回復センター All right reserved        サイトマップ